プラグイン

【Classic Editor】ワードプレスのエディターを旧エディターでも編集できるようにする

ワードプレスのバージョンが5以上になっても、以前のように記事の編集ができるようにするためのプラグインになります。

アスグッド
僕は以前のままのエディターでしか文章を書けないので導入しています。

完成予定図はこちら

使用したプラグイン

  • Classic Editor

プラグイン導入方法

左列のダッシュボートからプラグイン→新規追加を選択して下さい。

画面が切り替わったら、キーワードに「Classic Editor」と入力するとプラグインが出てきます。

「今すぐインストール」をクリックし、「有効化」というボタンが出現するのでクリックし有効化させます。

 

記事の作成

では実際に記事を作成してみましょう。

左列のダッシュボートから「投稿」または「固定ページ」→新規追加を選択して下さい。

画面が切り替わったら上の画像のように旧エディターが表示されるのでこちらで編集していきます。

 

まとめ

いかがでしたか?

このプラグインは導入して有効化するだけなので設定も何もいりません。

旧エディターを使用して文章を編集したい方はぜひ導入してください。

 

  • この記事を書いた人

アスグッド

鍼灸師として鍼灸整体院を経営してます。

『明日がもっと良くなればいいなぁ』との願いから名前を付けました。

プロフィール詳細は→こちら

-プラグイン
-,

© 2021 千里の道も一歩から