セットアップ

【エックスサーバー利用】サブディレクトリの導入方法

僕はサイトを作成するにあたってエックスサーバーを契約しています。

前回はサブドメインの設定方法について解説しました。今回はサブディレクトリの設定方法になります。

まだ読まれていない方は一度目を通してみて下さい。

新サイト設立に役立つ!?サブドメインどサブディレクトリの違いについて

僕はサイトを作成するにあたってエックスサーバーを契約しています。 今日はお金を掛けずにもう一つ新しいサイトを作る方法を調べたのでそれについてご紹介していきたいと思います。 まずなぜこんな事を思ったのか ...

続きを見る

【エックスサーバー利用】サブドメインの設定方法

僕はサイトを作成するにあたってエックスサーバーを契約しています。 前回はサブドメインとサブディレクトリの違いについて解説しました。今回はそれの続きです。 まだ読まれていない方は一度目を通してみて下さい ...

続きを見る

 

テーマも決めサイト運用していくと、自分の得意分野というかもっとよく伝えたいと思う事が出てくる場合がありますよね。

例えば

  • 今まで一般的な美容室だったけれど今度新しくネイルもできるようになったので、ネイルの特集を組んだりネイルのデザインや料金を紹介したいと考え中
  • 趣味を紹介する雑談ブログ更新中、その中のDIYが本格的になってきたのでDIYでの工法や使用道具を紹介したいと考え中

のような場合です。

 

ざっくりとしていますが、美容室の場合はお客様を美しくしたいをテーマに、髪の毛やネイルを対象として部門が違います。一方雑談ブログの場合は趣味を紹介するをテーマに、DIYとその他の趣味といった具合に部門が違います。

こういった場合はサブディレクトリを設定しでそれぞれの得意分野でサイト運営をしていった方がいいと言えます。なにせ既にメインサイトがあるので既存のお客様からも集客が見込めますからね。

話が長くなってしまいましたが今回のメインである「サブディレクトリ」を設定するまでの解説になります。

なお今回も健忘録を兼ねています。

ポイント

ここで説明するサーバーは僕が使用している「エックスサーバー」での解説になります。

1.インフォパネルへログインする

やり方はサブドメインの時と同じで、「会員アドレスまたはメールアドレス」と「インフォパネルパスワード」にID・パスワードを入力したら最後に「ログイン」を押します。

 

2.サーバーパネルへログインする

ここもサブドメインの時と同様にサーバーパネルにログインします。

操作メニューの中にある「サーバー管理」をクリックします。

 

クリックするとサーバーパネルの画面に切り替わります。

設定対象ドメインでサブディレクトリを設定したいドメインに変更し「設定する」を押してください。

 

3.サブディレクトリを設定をする

対象ドメインを確認した後、間違いがなければ「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

WwordPress簡単インストール画面が表示されるので、WordPressインストールタブをクリックします。

サイトURLの行では対象のドメインの後ろにサブディレクトリ名を打ち込めるようになっているので、そちらに希望の文字列を打ち込んでください。ここでは「subdirectory」と打ち込んであります。

ブログ名の行では、サブディレクトリで使用するブログ名を入力します。ここは後から変更可能です。

ユーザー名の行では、ログインする時に使用するユーザー名を英数字で入力します。ここは後から変更不能なので間違えの無いようにしてください。

パスワードの行では、ログインする時に使用するパスワードを英数字で入力します。ここは後から変更可能です。

メールアドレスの行では、ワードプレス側から届くメールの受け取りで使用するアドレスを英数字で入力します。ここは後から変更可能です。

全ての入力が終わったら「確認画面へ進む」を押します。

 

4.インストールする

3で入力した情報に間違いがないのを確認したら「インストールする」をクリックします。

 

すると「WordPressのインストールが完了しました。」が表示されます。

これで無事にサブディレクトリが追加完了となります。

 

5.まとめ

いかがでしたか?

サブディレクトリの導入にいて解説しました。サブドメイン同様とても簡単でした。

今回は「WordPress単インストール」からインストールを行っているので、サブディレクトリでのサイト作成が可能となっています。

これでもう気兼ねなく得意分野でのサイト運営ができますね。

注意ポイント

以前も説明しましたが、今回作成したサブディレクトリ(https://ore-channel.xyz/subdirectory/)はメインサイトのサイトパワー(https://ore-channel.xyz/)を受けられるため、新規サイトでも初期段階から評価やSEOが非常に強力です。

ただし、メインサイトがペナルティを受けると、サブディレクトリも一緒にペナルティとなってしまいます。その逆もまた然りです。サイト作成の際には十分注意した方がいいですね。

  • この記事を書いた人

アスグッド

鍼灸師として鍼灸整体院を経営してます。

『明日がもっと良くなればいいなぁ』との願いから名前を付けました。

プロフィール詳細は→こちら

-セットアップ
-,